ワンピースカード

頂上決戦の当たりカード紹介 コミパラエース以外は高い?

頂上決戦(OP-02)は2022年11月4日に発売されたワンピースカードの第2弾。

ワンピーススタートデッキ第3弾「海軍」を強化できるカードを多数収録している。

定価は1BOX4,752円。1パック198円(税込み)となっている。

本記事では、ONE PIECEカードゲーム ブースターパック「頂上決戦」に収録されている当たりカード(高額、高騰)を厳選して紹介しています。

 

頂上決戦のBOX自体が高騰中

ブースターBOXの定価は先述している通り定価4,752円(税込)となっています。

現在の販売価格は、大手通販サイトでも12,000円~と3倍近く高騰しています。

頂上決戦のリアルタイム相場、在庫はこちらからチェックできます
トレカ【BOX】ONE PIECE カードゲーム ブースターパック 頂上決戦 [OP-02]

トレカのボックスが高騰する理由は、基本的に収録されているカードの中に当たりカードがあるからです。

1ボックス4700円で購入し、開けたら1枚1万円以上するようなカードが何枚も出てきたら、普通はみんなボックスを開けて中身のカードだけ転売しますよね。

そうゆう現象が起きると、基本的にボックスは高騰してしまいますし、逆に収録カードの相場が落ち着いてくると、ボックス自体の価値も下がりやすい傾向にあります。

遊戯王の初期のボックスなどは、収録されているカードよりも未開封の状態で残っているボックスの方が価値が出ている状況ですが、まだ発売から数年しか経過していないワンピカードのような新しいシリーズだと、単純にプレイ需要などで大きく相場が左右されてしまう傾向にあります。

 

今回も超大当たり枠にはコミパラが採用されている

第一弾の「ロマンスドーン」では、シャンクスがコミパラ枠で登場し、発売時にはしばらく価格10万円以上する状態が続いていました。

第2弾となる頂上決戦では、当たり枠のコミパラにエースが収録されています。

コミパラエースの2024年現在の価格は10万円~となっています。

高額カードの相場は大きく変動するのと、フリマで詐欺まがいな売り方をしている輩も多いので掴みにくいです。

シャンクス(コミパラ)よりは少し高くなっているように思います。

 

頂上決戦の主な当たりカードと2024年現在の相場

OP02-013[SR]:【ランクB】ポートガス・D・エース(パラレル)(背景:炎) 7,600円~

ONE PIECEカードゲーム/SR/CHARACTER/ワンピース カードゲーム 頂上決戦【OP-02】OP02-013[SR]:【ランクB】ポートガス・D・エース(パラレル)(背景:炎)

 

P02-120[SEC]:【ランクB】ウタ(パラレル) 6,000円~

ONE PIECEカードゲーム/SEC/CHARACTER/ワンピース カードゲーム 頂上決戦【OP-02】OP02-120[SEC]:【ランクB】ウタ(パラレル)

 

その他、主な当たりカード

OP02-001[L]:エドワード・ニューゲート(パラレル)
4,000円~

OP02-026[L]:【ランクB】サンジ(パラレル)
4,000円~

P02-114[SR]:ボルサリーノ(パラレル)
3,600円~

OP02-096[SR]:クザン(パラレル)
2,600円~

OP02-093[L]:【ランクB】スモーカー(パラレル)
2,600円~

 

総括

ONE PIECEカード第二弾の頂上決戦の当たりカードは、コミパラのエースだけが超高額になっているだけで、その他のカードは高いカードでも1万円以下で購入できるようです。

その他、数千円するような当たりカード、シークレット、パラレルなどは多数収録されています。



-ワンピースカード